富士通ゼネラル 温水ルームヒーター ホットマン 屋外で燃焼して温風で暖房

高気密・高断熱の木造住宅に住んでいます。
ガラスやサッシの結露とは無縁で、暖房効率が良く、快適です。 

冬の暖房の主力は、「富士通ゼネラル 温水ルームヒーター ホットマン」という商品を使っています。
たまたま知人から聞いて興味を持ち、利用をして10年以上たちました。一度室内機の修理に来てもらいまいましたが、快適に使っています。
価格が少し高い事と、設置に工事が必要ですので、他人に勧めたことはありませんが、非常にお勧めです。
話してもわかりにくい商品なのですが、書けば興味を持つ方もおられると思います。


ホットマン2.PNG



燃料と暖房の仕組み


暖房の燃料は灯油です。屋外に専用の灯油タンクを置き、屋外機で燃焼させます。
水(不凍液)を温め、室内機に送り込んで、温風で暖房します。
屋内の空気を全く汚さない暖房方法なので、高気密の住宅で暖房を使い続けても換気は不要です
せっかく温めた屋内温度を、換気で下げてしまうのは勿体ないので、効率的な暖房方法です。


設置をしてもらう必要があります



・エアコンの様に、壁に穴をあける工事が必要です
・屋外機と灯油タンクの設置が必要です
・メンテナンスは水(不凍液)の補充だけです
・水の水位が下がると、暖房運転が止まりますが、1シーズンに2回程度補充するだけです
・住宅の仕様によりますが、11月はこれ1台で1階フロア全部暖房しています
・トイレも寒くはないです


デメリット


・灯油タンクの設置が必要です
・灯油なので、補給が必要ですが、配達業者に直接タンクに入れてもらえば楽です
・温風が出るまでに数分かかり、立ち上がり時間が必要です



メリットとお勧めの理由


・電気のエアコン(空気を汚さない)と比べて、比較にならない暖かさです
・ガスエアコン(ガス暖房)も持ってますが、断然ホットマンが暖かです
・真冬の本当に寒い時期、補助にガスエアコンを使います
・低いところから温風が出るので、より効率的で暖かです
・灯油なので費用は安いです


まとめ



設置してしまえば、非常に快適なのでお勧めです。
子供が幼くて外出が面倒だったころは、高くても配達を頼んで90リットルタンクに直接入れてもらっていました。
すごく楽ですが、配達灯油は高いので今は買いに行って入れているのが少し面倒。
将来面倒になったり、体力的にしんどくなったらまた配達を頼みます。

最近は店頭に置いていないので、地域によっては知られていない商品です。
寒い地域の商品らしいのですが、快適なのでお勧めです。


Yahooなどで売っています



ホットマン.PNG
https://store.shopping.yahoo.co.jp/jyusetsu-honpo/fu0123.html



"富士通ゼネラル 温水ルームヒーター ホットマン 屋外で燃焼して温風で暖房"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: